So-net無料ブログ作成

顔汗予防にサラフェ
腸内環境 ブログトップ

腸は第二の脳 [腸内環境]

腸は第二の脳と言われてますが、「腸」の第一人者の辨野氏は「脳は第一の脳」言います。

それは、腸には多数の神経細胞が存在するんだそうです。


その数は、大脳の次に多く他の神経細胞を全部合わせたよりも多いんですって

オドロキです。


腸神経系は、内を通る物質の情報を全部キャッチして腸全体の他の臓器に伝えて、 病原微生物を退治し、食事量に合わせて代謝をコントロールしているそうです。


凄いんですね腸の働きって、

精神的なストレスで下痢をするのも、脳の影響で腸の具合が悪くなることもあるように、

脳と腸はつながりが強いんですね。

腸を上手にコントロールすることが心の健康にも繋がってくるようですよ。

具体的な事は辨野氏の本を読むと良く分かりますね。

美肌にも影響するので、女性は特に美肌対策に腸対策が必要かも





腸内細菌の驚愕パワーとしくみ/辨野義己【2500円以上送料無料】

インフルエンザ [腸内環境]

インフルエンザがこの季節になると必ずかかってしまう方がいますが、

何とか予防が出来ないものかって考えてしましますね。

ところが予防は出来るんですね。

それが、今年の最も話題になった一つにある「乳酸菌」

「乳酸菌」の凄さって驚きますが、乳酸菌やビフィズス菌をはじめとする善玉菌を取ることが
インフルエンザ予防につながるんです。

実際に、実験結果もでており「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」を摂取していると、
NK細胞の活性が上がりインフルエンザウイルスの量がへるそうです。

NK細胞というのは、ナチュラルキラー細胞と呼ばれその名の通り「殺し屋」の役割を持ち

ウイルスなどの敵を見つけると攻撃して殺してくれるんです。


シロタ株は、このNK細胞を活性化する役割を果たすことが分かっています。

がん予防にも効果があるそうですよ。

この「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」はヤクルトに入っています。

また、「ラクトバチルス・アシドフィルス・L-92株」という乳酸菌にもインフルエンザや風邪の
予防効果があるそうです。

予防だけじゃなく諸症状を緩和する力もあることが期待されてます。

いわゆる、咳やのどの痛みも軽くするそうです。

この冬は積極的にヨーグルトを食べることも良いかもしれませんね。

しかし、寒いとヨーグルトを食べる気にならないときは、乳酸菌のサプリメントがおススメ


1袋に乳酸菌ヨーグルト約500個分!抗メタボ特許の痩せ菌が新配合【ウィルキラーDiet】

◆B‐3単体摂取だけでもダメ、その他の成分も配合! 腸内の細菌のバランスが必要 多種多様な機能性を持つ5種類の複合乳酸菌を配合。 動物性乳酸菌と植物性乳酸菌をあわせ持つ5種類の複合乳酸菌が5兆個。




病気と腸内フローラの関係 [腸内環境]

病気と腸内フローラの関係は、様々な病気が腸内フローラと関係があるんです。

例えば、「メタボ」の場合には、

ダイエットしても痩せない、水を飲んでも太る人は、どんな腸内なのか?

これは、肥満を招く腸内細菌が体に住み着いてる場合があります。

腸内細菌には、ファーミキューテス類という「肥満型菌」とバクテロイデス類という「痩せ型菌」があるそうなんです。

これは生まれつきなのか、長年の腸内環境なのか?

太りやすい人は、この分かってる事から「腸内フローラに「肥満型菌」が多いんですよね。

残念ながら肥満型菌を根絶することは出来ないそうです。

方法としては、腸内環境をととのえて「やせ型菌」を増やして肥満型菌とのバランスを逆転させる事なんだそうです。


これは、食事で腸内環境を整えて良くすることで出来る方法なんです。

実際に、このバランスを痩せてる方に近づけてダイエットに成功したデーターもあるですって


やっぱり、食事が大事だってことですね。

大腸をすっきり綺麗に保つ食事で改善されていきます。

やっぱり乳酸菌の力は侮れません。

日常生活でもヨーグルトは毎日食べた方が良いそうですよ。

苦手な方は、乳酸菌のサプリメントがおススメです。




風邪に乳酸菌 [腸内環境]

風邪に効果的なのも〝乳酸菌”なんです。


何故か?

風邪にかかったということは免疫力が低下してるためなんです。

免疫力低下は、風邪以外でもいろいろ病気になりやすくなってるんです。

乳酸菌は腸の善玉菌を増やし、免疫力を向上させてくれます。

風邪の初期症状の時に摂取すると風も早めに退治できますね。

特にサプリメントになっている乳酸菌は、複数の種類の菌が含まれていますので、合う種類を早く見つけ出すことが可能です。


ヒト由来の乳酸菌とは [腸内環境]

ヒト由来の乳酸菌というのは、これは言葉通りのことで、「ヒトの腸内細菌から取り出した乳酸菌を培養させたもの

どんなものがあるのか


「新ビオフェルミンS」
健康な乳児から発見された「BB536乳酸菌(ビフィドバクテリウム・ロンガム・536)は、
森永のビヒダスに含まれている

効果は、花粉症予防や潰瘍 性大腸炎などに期待できます。


FK-23乳酸菌(エンテロコッカス・フェカリス・FK-23)の効果はかなり凄いんです。

・腸内環境を整える
・胃腸のトラブルを予防
・免疫力を高める
・疲労回復
細胞や筋繊維などの修復や再形成を促し、疲労回復や筋肉の維持など


FK-23菌が配合されてるヨーグルトを食べるのが、一般的な摂取方法です。

フルーツと一緒に取るのが効果的だそうです

パンケーキを作るときにヨーグルトで作るのが炭水化物などの栄養素も豊富に摂取出来るので、
FK-23菌の体内吸収率が上がって早く効果を感じることが出来るそうですよ。

FK-23菌が配合されたヨーグルトを1日1回食必要な量が取れるみたいなので、配合されているヨーグルトを毎食食べるといろいろ健康になりそうですね。



<

FK-23菌の推奨されている摂取量は、1日8gですよ。


雪印メグミルクの通称ガセリ菌SP株として知られているT2055乳酸菌

内臓脂肪を低減させる働きがあるので、ダイエット効果が期待できるんです。

血中コレステロール値が高い人が摂取すると低下作用があるようです。

また、A型インフルエンザウィルスに対する感染予防効果が確認されてるすです。


ラブレビューティの主成分「ナノ型ラブレ菌」は、「健康」と「美」を誠実に考える女性なら
誰でも重要視している「免疫力」を活性化させることで、
2015年に特許(特許第5751219号)を取得した、とても優秀な植物性乳酸菌です。




アトピーに効果 乳酸菌「LK-117」 [腸内環境]

アトピーに効果があると言われている「乳酸菌LK-117」


「米のしずく」は、菊正宗350年の伝統である、生もと作りから生まれた特別な乳酸菌「LK-117」が
1本あたり100億個以上含まれる、全く新しい乳酸発酵飲料。


「LK-117」は、「生もと造り(きもとづくり)」からしか生まれない独自の乳酸菌なんです。


「米のしずく」はアレルゲンフリー商品で、アトピーに効果があると言われているのは、 LK-117の特徴として、アレルギーの軽減や肌への働きかけが得意で、なおかつ 白血球の一種「マクロファージ」を活性化し、アトピーの原因となるヘルパーT細胞のアンバランスを是正する効果があるからなんです。

かゆみや掻きむしりの敏感肌に悩んでる方にもお試し用もあります。


お勧めしたい方は、

■季節の変化に敏感な方 
■肌が敏感でデリケートな方
■生活環境のちょっとした刺激に反応してしまう方 
■健康が気になる方
整腸作用にも期待できるそうですよ。

タブレットタイプもあります。


詳細は公式サイトへ→【米のしずく】菊正宗酒造の乳酸菌「LK-117」配合


こんにゃくライス [腸内環境]

こんにゃくライスってダイエットに良いっていうのは、炭水化物の糖質制限とカロリー制限が出来るからかな

食べても結構おいしく食べられるって聞いたことあるんだけど、

興味があるんだけど、まだ食べたことないんだよね。

お取り寄せしてみようかな



ヨーグルトの選び方 [腸内環境]

ヨーグルトっていろいろ売ってるのでどれが腸に良いのか迷いますよね。


そこで簡単な選び方で間違いがないのが、「トクホ」のマーク

「トクホ」とは特定保健用食品の事

このマークがついてる商品は、プロバイオテクスの医学的な効果が立証されてるってことなんです。

ただ、人の腸内細菌の種類やバランスはバラバラだそうです。
その為、まず自分にとって腸内細菌と相性の良いヨーグルトを見つけることなんですって


その方法は、毎日同じヨーグルトを200~300g食べて、およそ一週間ほど取り続けて快便になったり、肌の調子が良くなったりしたら、そのヨーグルトはあなたにとって相性がいいヨーグルトということなんですって。

食中や食後にデザートとしてや、食物繊維と一緒に摂ってプロバイオティクスの効果を感じてください


乳酸菌 [腸内環境]

専門誌TVホスピタルに紹介された「乳酸菌」


この乳酸菌は、専門家が作った乳酸菌サプリメントなんです。

体の為の乳酸菌を摂取する場合には、やはり効果があるものを取らないとね。

乳酸菌サプリ選びのための2つのポイント

乳酸菌の種類は球菌を!
乳酸菌の中でも、小さい乳酸球菌のほうが適しているそうです。

MIHARUの乳酸菌に含有されているフェカリス菌(エンテロコッカス・フェカリスEF-2001菌)は、球状の乳酸菌でビフィズス菌などの棒状の桿菌と比べると、とっても小さい菌なんです。

その為に、狭いところまで行き届くことが出来る乳酸菌として注目

老けない体づくりは、腸内フローラからです。
よい乳酸菌サプリで元気な毎日を過ごしましょう。


乳酸菌とビフィズス菌 [腸内環境]

乳酸菌とビフィズス菌と同じ物と思ってる方が多いのでは・・・


この二つは違うものなんですよ。

実は私も同じようにとらえてました。

乳酸菌は、

通性嫌気性菌といって、酸素が有ってもなくても生きられる菌なんです。

ブドウ糖をエサとして、50%以上の乳酸を作り出します。
代表的な菌

・ビフィダム菌、ロングム菌、アドレスセンティス菌などがあります。

ビフィズス菌は、
ビフィトバクテリウム属という種類に属する菌の総称で、酸素があると生きていけない
嫌気性菌だそうです。

・人の腸内に最も多く存在している善玉菌

代表的な菌

サーモフィラス菌、ブルガリア菌、カゼイ菌、ラムノーサス菌、ガセリ菌など


代表的な菌の名前ってどこかで見た記憶がありますよね。

ヨーグルトに入ってるんです。

普段何気なく食べてるヨーグルトに入ってる菌ってみんな違うんですよ。

今まであまり気にせずに食べてた方は、今度食べるときには、どんな菌が入ってるのか
注意してみてくださいね。

ちなみに、〝雪印メグミルク”が発見した乳酸菌は、〝ガセリ菌”は、内臓支部を低減させる働きがあり、ダイエット効果が期待できるそうです。

痩せたい方は、同じ食べるヨーグルトなら雪印メグミルクから出ている〝ナチュレ恵”を選ぶといいかもしれません。
また、血中コレステロール値を低下させる作用もあるそうです。

他にも、A 型インフルエンザウィルスに対する感染予防効果が確認もされてるんです。


サーモフィラス菌とブルガリア菌は、スターターと呼ばれるヨーグルトの種に成る菌で、

同時に用いることで乳酸をたくさん生成し、短時間でおいしいヨーグルトを作り出すそうです。

腸内では善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて、便秘の予防を解消してくれるそうです。

また、女性にはうれしい乾燥肌を改善して、皮膚の弾力性をアップさせてくれる効果もあるそうです。


ヨーグルトでは、〝明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン”に入っています。


これは、いまよくテレビに出演されている辨野先生の本を参考にさせていただいてます。


詳しく知りたい方は、こちらの本を読まれると良いでしょう。






腸内環境 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。