So-net無料ブログ作成

顔汗予防にサラフェ
情報・ニュース ブログトップ

神輿の時期 [情報・ニュース]

神輿って言うと、神田祭かな

「江戸三大祭り」の一つですね。

神輿・山車の大名行列が有名ですね。

2017年の今年は、二年に一度の本祭りの年

5月11日~517日
13日 神幸祭 14日 神輿宮入

神田祭が終わると

三社祭ですね。


5月19日~21日

毎年150万人の人出と言われてるほどの人気です。

20日には、100基の町内神輿

21日には、3基の本社神輿

浅草は人手で溢れかえるでしょうね。




子供の法被も可愛い


ダイナミックパッケージ [情報・ニュース]

「ダイナミックパッケージ」をインターネットで予約するとお得ですよね。


JALダイナミックパッケージは、

好きな便が選べます

日本全国の宿泊施設から好きな宿泊プランが選べる

レンタカーや観光など豊富なオプションがあります。

フライトマイルがたまります。

コンビニでもお支払いが出来るんですよ。

スマホからも予約や確認も

等など

今は便利です。


国による〝努力”とは [情報・ニュース]

各国の人達と仕事をすると、日本人と他国の人達との〝努力”に関する考え方がかなり違うそうです。


大雑把に比較をすると、日本人は「自分を痛めつけることを努力だと思っているという傾向があるようだ」

一方、他国の人はみな、努力とは「目的をスムーズに達成する為」にやるものという考え方をもっており、無意味に努力する人をみて「間抜け」という人たちもいたそうです。

特にフランス人は、「楽しんでこそ人生」という考え方があるので、楽しみを犠牲にして頑張るのは、本末転倒、「本当にバカなのではないか」と思ってしまうようです。


努力という言葉を広義にとらえると、日本人以外の国の人達は、「人生を楽しくするために非常に努力している」といえるそうです。

中野信子女史がフランスの研究所にいたときに感じたことだったようです。

しかし、江戸時代の日本人たちは、「遊びは粋なこと」と考えていたと言ってます。

人種に関係なく、個人の意識の持ちようで楽しい人生はおくれます。

紀香 引き出物 [情報・ニュース]

紀香さんの結婚式の引き出物が「水素生成器」

【フラックス社】の「マルーン」いう高さが6センチ、直径が14.3センチ、重量は700gという丸型のもので、湯船に沈めたり、台所や洗面所に水を張り下に置いて水素を発生させ、入浴や洗顔、野菜を洗ったりできる優れものなんですね。


紀香と言えば水素だからやはりですね。


期待は裏切らない

こちらの水素生成器です。
 ↓ ↓


しかし、桐の箱入りなので金額は10万はくだらないといわれてますね。
紀香が選んだ水素水だから間違いはないでしょうね。

楽天⇒【フラックス社】「マルーン」水素生成器

豊洲 [情報・ニュース]

豊洲と聞くと、今毎日のように流れてる築地移転問題!


でも、全く関係のない豊洲の良いところも有るんですよね。
リゾート気分で行く水上バスで行く東京湾・隅田川クルージングは、ララポート豊洲1Fのシーサイドデッキに面した乗り場から、

お台場へはクルージング、浅草行は宇宙船のような「himiko」に乗船して、

たまには雰囲気の違う気分で、都心とベイエリア一望できる抜群のロケーションは良いもんです。

豊洲から辰巳方面へは「辰巳の森海浜公園」があります。

広さは、約17万㎡と東京ドーム3.5個分の広さは様々なスポーツが体験できるすぴーすがあるので、心地よい汗をかいて楽しめます。


特にゴルフ好きには、マレットゴルフ・ディスクゴルフや、シャフルボード・ペタンク・フリーテニス・パターゴルフ・ガーディンゴルフの8つのニュースポーツのエリアがあり、道具の貸し出しもあるんですね。

お出かけしていろいろチャレンジしても一日楽しめますね。

ウォーキングやランニングにも適してますよ。


早朝ゴルフやゴルフで楽しむ


今までと音質の違うイヤホンで音楽を楽しみながらのウォーキングもおすすめ






努力は報われる [情報・ニュース]

「努力は報われる」という言葉がありますが、それはホントの事なのか?

中野信子氏は、「半分本当である」と言っています。


理由として、

「人体の機能という側面から考えてみると、人というのは通常、持っている力のすべてを出し切って生きているわけでは無いので、「本当はここまでできるはず」という最大値の半分、頑張ってもせいぜい8割くらいしか力をだしていないから、」


全力を題しきってしまうと体へのダメージが大きいからなんですって


「少し遊びを残さないと、回復に時間がかかり過ぎるから、そうなると外敵・外圧から身を守ることも逃げることも出来ず、自分を危険な状態にさらすことになります。」


人間も動物だから、本能的に身を守るようにできてるんですね。

中野氏は、「自動的に働く生物に備え付けられたセキュリティー機能です。」と言ってます。


しかし、覚えなくて済むことや考えないで済むことを放置しておくと、本当に覚えられない考えられない脳になるんですって。


怖いですね

つまり、負荷がかからないと、どんどん機能が錆びついて行ってしまう。
そうゆう性質が人間にはあるんだそうです。

「筋肉も同じ、あるレベルのパフォーマンスを実現したいと思ったら相応の負荷を掛けなけらば行けません。」

「この「負荷」というのが努力です」

だから努力をしないと発揮できるパフォーマンスはどんどん落ちていきます。

逆に適切な努力をした人は、やった分だけ、自分が持っている可能性の最大限まで力が出せる体に近づいていきます。

 それが「努力は報われる」という言葉で表現される、ウソ出ない部分だそうです。

半分「ウソ」の部分は、努力すればだれでもウサイン・ボルトの様に早く走れるのか?

無理ですよね。

努力すればその人の持ってる最大限の可能性まではスピードアップできるが、ウサイン・ボルトのようには不可能です、そうゆう意味では「努力は報われる」はウソになります。

という事なんですね。

でも、自分の持ってる最大限までの力を発揮できるなら、やっぱり努力は必要だね。

私はそう思いますね。

別にボルトを目指してるわけじゃないしね。






nice!(0) 
情報・ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。