So-net無料ブログ作成

顔汗予防にサラフェ

インフルエンザ [腸内環境]

インフルエンザがこの季節になると必ずかかってしまう方がいますが、

何とか予防が出来ないものかって考えてしましますね。

ところが予防は出来るんですね。

それが、今年の最も話題になった一つにある「乳酸菌」

「乳酸菌」の凄さって驚きますが、乳酸菌やビフィズス菌をはじめとする善玉菌を取ることが
インフルエンザ予防につながるんです。

実際に、実験結果もでており「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」を摂取していると、
NK細胞の活性が上がりインフルエンザウイルスの量がへるそうです。

NK細胞というのは、ナチュラルキラー細胞と呼ばれその名の通り「殺し屋」の役割を持ち

ウイルスなどの敵を見つけると攻撃して殺してくれるんです。


シロタ株は、このNK細胞を活性化する役割を果たすことが分かっています。

がん予防にも効果があるそうですよ。

この「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」はヤクルトに入っています。

また、「ラクトバチルス・アシドフィルス・L-92株」という乳酸菌にもインフルエンザや風邪の
予防効果があるそうです。

予防だけじゃなく諸症状を緩和する力もあることが期待されてます。

いわゆる、咳やのどの痛みも軽くするそうです。

この冬は積極的にヨーグルトを食べることも良いかもしれませんね。

しかし、寒いとヨーグルトを食べる気にならないときは、乳酸菌のサプリメントがおススメ


1袋に乳酸菌ヨーグルト約500個分!抗メタボ特許の痩せ菌が新配合【ウィルキラーDiet】

◆B‐3単体摂取だけでもダメ、その他の成分も配合! 腸内の細菌のバランスが必要 多種多様な機能性を持つ5種類の複合乳酸菌を配合。 動物性乳酸菌と植物性乳酸菌をあわせ持つ5種類の複合乳酸菌が5兆個。




病気と腸内フローラの関係 [腸内環境]

病気と腸内フローラの関係は、様々な病気が腸内フローラと関係があるんです。

例えば、「メタボ」の場合には、

ダイエットしても痩せない、水を飲んでも太る人は、どんな腸内なのか?

これは、肥満を招く腸内細菌が体に住み着いてる場合があります。

腸内細菌には、ファーミキューテス類という「肥満型菌」とバクテロイデス類という「痩せ型菌」があるそうなんです。

これは生まれつきなのか、長年の腸内環境なのか?

太りやすい人は、この分かってる事から「腸内フローラに「肥満型菌」が多いんですよね。

残念ながら肥満型菌を根絶することは出来ないそうです。

方法としては、腸内環境をととのえて「やせ型菌」を増やして肥満型菌とのバランスを逆転させる事なんだそうです。


これは、食事で腸内環境を整えて良くすることで出来る方法なんです。

実際に、このバランスを痩せてる方に近づけてダイエットに成功したデーターもあるですって


やっぱり、食事が大事だってことですね。

大腸をすっきり綺麗に保つ食事で改善されていきます。

やっぱり乳酸菌の力は侮れません。

日常生活でもヨーグルトは毎日食べた方が良いそうですよ。

苦手な方は、乳酸菌のサプリメントがおススメです。




風邪に乳酸菌 [腸内環境]

風邪に効果的なのも〝乳酸菌”なんです。


何故か?

風邪にかかったということは免疫力が低下してるためなんです。

免疫力低下は、風邪以外でもいろいろ病気になりやすくなってるんです。

乳酸菌は腸の善玉菌を増やし、免疫力を向上させてくれます。

風邪の初期症状の時に摂取すると風も早めに退治できますね。

特にサプリメントになっている乳酸菌は、複数の種類の菌が含まれていますので、合う種類を早く見つけ出すことが可能です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。