So-net無料ブログ作成
検索選択

顔汗予防にサラフェ
-| 2016年06月 |2016年07月 ブログトップ

熱中症対策 [熱中症]

熱中症対策はこれから大事な対策です。


意外と多いのが自宅での熱中症なんです。


確率が40%と多いんです。

熱中症は、脳に十分な酸素が行かなくなり酸素不足になる状態です。

大変危険な状態で、命を落とすこともあるんです。


その為に自宅で出来る対策は大事です


まず、家の中に警告機能付きの温度湿度計をつけておく





熱中症は、体を動かさない状態でもなります。



お手軽な「経口補水液」を作って常備しておく


作り方は、

水  500ml

砂糖  20g (キャップ3杯)

塩   1.5g


良く振って溶かしておく


この経口補水液を飲んだ時に、美味しいと感じた場合には少し脱水状態の可能性が高い 最初の一口は、少々しょっぱさを感じるのが正常な状態です。


食事からとる水分も重要なので、味噌汁を必ず取る事も大事です。


熱中症にならない体力を作ることも大事です。

その為の体力づくりとしては、高齢者でもできる「インターバル速歩」がおススメ

やり方は、

3分間 早歩きをしてから 3分間 ゆっくりと歩くを交互に最初は15分程度から始める

うっすらと汗をかく状態に体を作っていくことで、暑さに強い体が出来ていく。

うっすらとした汗をかく事で脳を守ることが出来るんです。

更に、終わってから30分以内に牛乳などのカルシウムを取る事で足の筋肉量も増えていきます。

インターバル速歩は〝筋トレ”と言われてるほどなんです。


大量の汗は効果が無いそうです。

流れ落ちる汗は、体温を下げる効果がほとんど無いんです。

汗は皮膚の表面で蒸発することで、体温を下げる効果があり体を熱から守ることが出来るんです。


熱中症に強い体づくりを心がけましょう。

美肌 [美肌・健康]

美肌に必要なのがやはりコラーゲンだということだそうです。

一般の食事での摂取は2gですが、1日に必要な摂取量は5gです。


「コラーゲン」としておすすめは、鶏手羽・鮭・豚足・牛筋・しらす干しなどで、お魚の皮を食べない方が多いそうですが、皮にコラーゲンが豊富なんです。残さず食べましょう。


しかし、気を付けるのがコラーゲン摂取の上での注意は、油や糖質の摂りすぎです。
コラーゲンやヒアルロン酸の合成を低下させてしまいます。

過剰な糖分摂取は、体内のたんぱく質(コラーゲンなど)が糖分と結びつくと「コラーゲンの糖化現象」とうのがおこります。

怖いのは、この糖化したたんぱく質はなんと、一度作られると分解されないで、ドンドン体内に蓄積されてしまうんです。


糖化したたんぱく質はとても弱く、肌にシミやシワ、乾燥が起こりやすい状態を作り出してしまうんです。

さらなる影響は、皮膚以外にも骨、血管、内臓、脳にも及び、病気老化の原因になりうるんですよ。


-|2016年06月 |2016年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。