So-net無料ブログ作成

顔汗予防にサラフェ

乳酸菌とビフィズス菌 [腸内環境]

乳酸菌とビフィズス菌と同じ物と思ってる方が多いのでは・・・


この二つは違うものなんですよ。

実は私も同じようにとらえてました。

乳酸菌は、

通性嫌気性菌といって、酸素が有ってもなくても生きられる菌なんです。

ブドウ糖をエサとして、50%以上の乳酸を作り出します。
代表的な菌

・ビフィダム菌、ロングム菌、アドレスセンティス菌などがあります。

ビフィズス菌は、
ビフィトバクテリウム属という種類に属する菌の総称で、酸素があると生きていけない
嫌気性菌だそうです。

・人の腸内に最も多く存在している善玉菌

代表的な菌

サーモフィラス菌、ブルガリア菌、カゼイ菌、ラムノーサス菌、ガセリ菌など


代表的な菌の名前ってどこかで見た記憶がありますよね。

ヨーグルトに入ってるんです。

普段何気なく食べてるヨーグルトに入ってる菌ってみんな違うんですよ。

今まであまり気にせずに食べてた方は、今度食べるときには、どんな菌が入ってるのか
注意してみてくださいね。

ちなみに、〝雪印メグミルク”が発見した乳酸菌は、〝ガセリ菌”は、内臓支部を低減させる働きがあり、ダイエット効果が期待できるそうです。

痩せたい方は、同じ食べるヨーグルトなら雪印メグミルクから出ている〝ナチュレ恵”を選ぶといいかもしれません。
また、血中コレステロール値を低下させる作用もあるそうです。

他にも、A 型インフルエンザウィルスに対する感染予防効果が確認もされてるんです。


サーモフィラス菌とブルガリア菌は、スターターと呼ばれるヨーグルトの種に成る菌で、

同時に用いることで乳酸をたくさん生成し、短時間でおいしいヨーグルトを作り出すそうです。

腸内では善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて、便秘の予防を解消してくれるそうです。

また、女性にはうれしい乾燥肌を改善して、皮膚の弾力性をアップさせてくれる効果もあるそうです。


ヨーグルトでは、〝明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン”に入っています。


これは、いまよくテレビに出演されている辨野先生の本を参考にさせていただいてます。


詳しく知りたい方は、こちらの本を読まれると良いでしょう。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。